Shaping a Unique Solution for the Takenaka Corporation

Today Solibri has introduced strategic rule development with the Takenaka Corporation based in Osaka, Japan (President: Masahiro Miyashita). The rule was developed for the purpose to be used at structural design phase. It is mainly used to check conflict between structure and MEP equipment at initial design phase. For example, when penetration opening is set on beam for piping and ducting, structural strength may be reduced. However, if piping penetrates beam within allowable range, penetration can be made with proper reinforcement.   Mr. Hidemi Ikeda who is BIM promotion leader in Design Department as well as Structural Engineering Group Leader in Takenaka says, “Normally it would take large amount of man-hours per project to check MEP piping penetration on 2D drawings. With the Solibri co-operation, we are able to spot problematic areas in matter of minutes. We look forward to developing more features that will benefit to our company and whole industry.”   Heikki Kulusjärvi, Solibri CEO explained “Japan is one of the most demanding markets for structural planning because of extreme seismic requirements and hence quality assurance and quality control is of paramount importance. As current customers, we have an ongoing relationship with the Takenaka Corporation. Solibri and Graphisoft Japan have regular meetings with Japanese customers to understand how our product is used and how it can be better improved to suit existing customer needs. This new development is an example where customer feedback not only benefits the Japanese market but in time, other markets who will also utilize this same approach. The work done with Takenaka will also be seen as part of the upcoming Solibri Model Checker v9.5. For more information on this release visit www.solibri.com and watch the interview in the Solibri Journal section.   For those who wish more information in Japanese, please contact Shoji Kamihara, Marketing Specialist, Graphisoft Japan, [email protected]   About Solibri Solibri is the leader in BIM Quality Assurance and Quality Control. Providing out of the box tools for BIM validation, compliance control, design process coordination, design review, analysis and code checking. Solibri’s corporate message is to develop and market quality assurance solutions that improve the quality of BIM-based design and make the entire design and construction process more productive and cost effective.   Solibri’s customers include major building owners, construction companies, architects and engineering firms in more than 70 countries. About Takenaka Coprporation TAKENAKA CORPORATION offers comprehensive services worldwide across the entire spectrum of space creation, from site location and planning to design and construction, as post completion services   プレスリリース 本社所在地: 竹中工務店 大阪(日本) =Takenaka Corporation(Based in Osaka,Japan. President:Masahiro Miyashita) Solibri, Inc. ヘルシンキ(フィンランド) Solibriが竹中工務店向けに独自のソリューションを提供 本日Solibriは、大阪(日本)に拠点を置く株式会社竹中工務店との極めて重要な実践的ルール開発を発表いたしました。 このルールは、構造設計段階で使用する目的のために開発されました。主には設計の初期段階において、構造体と設備機器などの干渉をチェックすることに使われます。例えば、梁に配管やダクトのために貫通口を設ける場合、構造耐力が損なわれる可能性があります。しかし、許容範囲内で配管が梁を貫通する場合は、適切な補強等により貫通を行うことが可能です。 竹中工務店において設計部内のBIM推進リーダーであり、構造設計グループリーダーである池田英美氏は、「通常、2D図面で設備配管の貫通をチェックするには、プロジェクトごとに多大な工数が必要となりますが、Solibri社との提携により、ほんの数分で問題箇所を見つけることができるようになります。今後も当社、そして業界全体の利益となる、より多くの機能を開発することを楽しみにしています。」と述べています。 Solibri社CEO、Heikki Kulusjärviは「厳しい耐震要件のため、日本は構造計画においてもっとも要求の厳しい市場の一つであり、したがって品質保証と品質管理がきわめて重要です。竹中工務店は、継続的な協力関係にある顧客であり、Solibriとグラフィソフトジャパンは、当社の製品がどのように使用されているかを理解し、また、顧客のニーズに合わせて、どのように改善できるかを考案するため、日本の顧客と定期的な会合を設けています。この開発によるフィードバックは、日本市場に利益をもたらすだけでなく、他の市場においても応用することができると考えています。」と述べています。 竹中工務店での開発は、次期Solibri Model Cheker V9.5の一部にも反映されます。リリースについての詳細はwww.solibri.comのジャーナルページのインタビューをご覧ください。 Solibriについて Solibriは、BIMの品質保証と品質管理における業界大手企業であり、BIM検証、法令規則管理、設計プロセスの調整、デザインのレビュー、解析およびコードチェックのために簡単に使用できるツールを提供しています。Solibriの企業理念は、BIMによる設計の質を改善し、より生産的かつ費用対効果の高い品質管理ソリューションを開発し、市場に提供することです。 Solibri社は世界70カ国以上で、主要な建築物オーナーや、建設会社、建築家やエンジニア企業の顧客と取引を行っています。   竹中工務店について 竹中工務店は、建物完成までの用地選定、事業計画から設計、建設に至るまで、建設事業のあらゆる場面でワールドワイドなサービスを提供いたします。   補記 Solibri社へのお問い合わせ先 Solibri, Inc. Heikki Kulusjarvi グラフィソフトジャパンについて グラフィソフトジャパン株式会社は世界第2位の建築CAD市場である日本の東京において、1994年に設立されました。 日本の建築産業においての慣例の採用、および大手建設会社、CADソフトウェア販売店との戦略的提携により、飛躍的な 成功をおさめています。